So-net無料ブログ作成

カッコウの卵は誰のもの/東野圭吾 [文庫本]


カッコウの卵は誰のもの (光文社文庫)

カッコウの卵は誰のもの (光文社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2013/02/13
  • メディア: 文庫


~あらすじ~

緋田昌宏はかつてスキーのトップ選手として外国を転戦していた。
遠征先のサン・モリッツで長女「風美」誕生のfaxを手にした。

風美誕生の約1年後に緋田昌宏は選手を引退した。
引退した一年後、緋田昌宏は妻・智代の自殺の知らせを受ける。

智代の身の回りはきちんと整理され、覚悟の自殺であることがわかった。

緋田宏昌は亡き妻・智代に負けない愛情を娘・風美に注いだ。

緋田風美は小学生の頃からトップスキーヤーとして地元の関係者に知れ渡る。

--------------------------------------

オリコンにて、2013年02月11日~2013年02月17日の文庫本で1位でした。

カッコウの卵は誰のものは、2010年に光文社から発行され、
2013年に光文社文庫から発行されました。

スポンサードリンク


nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。