So-net無料ブログ作成
検索選択

プラチナデータ/東野圭吾 [文庫本]


プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)



本日(2013年3月16日)、映画プラチナデータ』が公開されました。
主演は嵐の二宮和也さんです。

プラチナデータは、幻冬舎『パピルス』にて、2006年12月号から2010年4月号に連載されたミステリ作品です。
2010年6月30日には幻冬舎より単行本が刊行され、2012年7月5日には幻冬舎文庫から文庫版が発売された。

「プラチナデータ」とは作者の東野圭吾さんによる造語で、物語の革新に関わるデータの事を指しています。

~概要~

DNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%になった近未来の日本を舞台に、DNA情報「プラチナデータ」によって犯罪に巻き込まれ、容疑者となった警視庁特殊捜査機関の天才科学者と、それを執拗なまでに追う刑事の攻防を描いた作品。

~あらすじ~

「電脳トリップ」という、トリップ体験ができる電子デバイスを使用中に、ホテルで女性が殺害される事件が起こった。
ホテルに残された毛髪、体毛から、犯人はすぐに検挙された。

だが、事件はそれだけでは終わらなかった。
同様に、電脳トリップを使用し、乱暴後に拳銃で殺害するという事件が起こったのだった。
残された精液によるDNAデータから、すぐに犯人は割り出されると思われていたが、DNA検索システムは「Not Found(NF)13」という結果を示した。
これは、類似する遺伝子が登録されていない、というものだった。

その後、蓼科兄妹が殺害される。
おどろくべきことに、彼らを殺害するのに使用された拳銃は、NF13事件で使われたものと同一のものだった。
彼らは死亡する前、神楽へ「DNA検索システムは不完全。モーグルを完成した」と、伝えていた。



>>楽天で「プラチナデータ」を購入する



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。