So-net無料ブログ作成

マドンナ・ヴェルデ/海堂尊 [文庫本]


マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)

マドンナ・ヴェルデ (新潮文庫)

  • 作者: 海堂 尊
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2013/02/28
  • メディア: 文庫



『マドンナ・ヴェルデ』は2010年3月17日に新潮社から刊行された海堂尊の長編小説です。
同じく新潮社から刊行された『ジーン・ワルツ』の続編となっています。

2011年4月19日から5月24日まで、NHKドラマ10枠で『マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜』のタイトルで連続ドラマとして放送されました。また、2012年4月2日より6回、月曜日(午前10時台と深夜12時台後半)の「ドラマ10」再放送枠でアンコール放送されました。

本作では『ジーン・ワルツ』の裏で起きた描き明かされなかった出来事の部分を補足した、いわゆる裏編となっています。代理母出産で娘の子供を産むことになった主婦のストーリーが展開されます。

◆内容(「BOOK」データベースより)

美貌の産婦人科医・曾根崎理恵、人呼んで冷徹な魔女。
彼女は母に問う。
ママ、私の子どもを産んでくれない―?
日本では許されぬ代理出産に悩む、母・山咲みどり。これは誰の子どもか。
私が産むのは、子か、孫か。
やがて明らかになる魔女の嘘は、母娘の関係を変化させ…。
『ジーン・ワルツ』で語られなかった、もう一つの物語。
新世紀のメディカル・エンターテインメント第2弾。


スポンサードリンク


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。