So-net無料ブログ作成

舟を編む 三浦しをん [文庫本]

全国書店員の投票で選ぶ「本屋大賞2012」の発表会が4月10日、東京・明治記念館で開催されました。

直木賞作家・三浦しをんさんの小説『舟を編む』(光文社)が大賞に輝きました。

おめでとうございます!

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書『大渡海』の編纂(へんさん)に奔走する人々を描いた作品です。

光文社の女性ファッション誌『CLASSY』の2009年11月号~2011年7月号に連載され、華々しいファッション雑誌の中で「辞書づくり」という一見地味なテーマを扱ったことで、掲載当時から話題を呼びました。

簡単なあらすじを紹介します。

舞台は玄武書房という会社。
馬締という男が営業部にいました。
馬締は営業部では個性派として変人扱いされていました。
ある日、馬締は大海原という辞書の編集部に抜擢されます。

編集部は馬締に負けず劣らずの個性派揃い。
そこで馬締は辞書に没頭します。

しかし、個性派揃いの編集部は問題だらけ。
果たして大海原は無事に完成するのか?


舟を編む

舟を編む

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/09/17
  • メディア: 単行本



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。