So-net無料ブログ作成
検索選択

できる大人のモノの言い方大全/(編)話題の達人倶楽部 [人文・思想・社会]

今回紹介する本は『できる大人のモノの言い方大全』です。
モノの言い方ってホント大事ですよね。

昨年10月に発売してから、現在も売れているようですね。

【内容紹介】
ホメる、もてなす、断る、謝る、説明する、反論する…。
どんな状況でも、覚えておけば一生使える、フレーズ事典。
あらゆるシチュエーションに対応できるちょっとしたモノの言い方を徹底コーチします!

目次は以下のようになっています。

はじめに
1章 できる大人は「社交辞令」が堂々と言える!
2章 かけひき上手は「聞き方」「頼み方」のツボを知っている!
3章 カシコい大人はこの「断り方」「誤り方」でピンチを抜け出す!
4章 「気遣い」できる人は決め手のひと言が言える!
5章 「もてなし上手」は、こんなモノの言い方ができる!
6章 好感度の高い人は「ほめ方」のツボを知っている!
7章 「常識力」のある人は、さりげない一言で一目おかれる!
8章 世渡り上手は角をたてずに「自己主張」できる!
9章 人の気持ちがわかる人は、いい言葉で「いい人間関係」をつくる!
10章 結果を出す人は「会議」と「電話」をソツなくこなす!

個人的に気になったのは、3章、7章、10章でしょうか。

「断る」の苦手なんですよね。特に仕事において・・・
自分では絶対できないことはさすがに断りますよ!
ただ、「言い方」ってホント難しいところだと思います。。。

7章の「さりげない一言で一目おかれる!」ってのは気になりますね。
さりげない一言って、言葉通り「さりげない」んですけど簡単に言えないんですよね。

10章の「会議」と「電話」をソツなくこなす方法を是非知りたいです。
私はどちらも苦手です。

この本を読めば「できる大人」になれそうな気がします!



できる大人のモノの言い方大全

できる大人のモノの言い方大全

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 青春出版社
  • 発売日: 2012/09/25
  • メディア: 単行本



nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

舟を編む 三浦しをん [文庫本]

全国書店員の投票で選ぶ「本屋大賞2012」の発表会が4月10日、東京・明治記念館で開催されました。

直木賞作家・三浦しをんさんの小説『舟を編む』(光文社)が大賞に輝きました。

おめでとうございます!

出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書『大渡海』の編纂(へんさん)に奔走する人々を描いた作品です。

光文社の女性ファッション誌『CLASSY』の2009年11月号~2011年7月号に連載され、華々しいファッション雑誌の中で「辞書づくり」という一見地味なテーマを扱ったことで、掲載当時から話題を呼びました。

簡単なあらすじを紹介します。

舞台は玄武書房という会社。
馬締という男が営業部にいました。
馬締は営業部では個性派として変人扱いされていました。
ある日、馬締は大海原という辞書の編集部に抜擢されます。

編集部は馬締に負けず劣らずの個性派揃い。
そこで馬締は辞書に没頭します。

しかし、個性派揃いの編集部は問題だらけ。
果たして大海原は無事に完成するのか?


舟を編む

舟を編む

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2011/09/17
  • メディア: 単行本



居眠り磐音江戸双紙 37 一矢ノ秋 佐伯泰英 [文庫本]

最新刊「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ最新刊第37巻『一矢ノ秋(いっしのとき)』、全国書店にて発売中!


一矢ノ秋-居眠り磐音江戸双紙(37) (双葉文庫)

一矢ノ秋-居眠り磐音江戸双紙(37) (双葉文庫)




安永十年三月、紀伊領内姥捨の郷に寄寓する坂崎磐音一行は、再三に渡り雹田平一党らの襲撃にさらされていた。一方、本所界隈は桜の季節を迎え、御家人品川柳次郎とお有夫婦は、駒井小路の桂川邸を訪問していた。その帰り道、尚武館道場が解体される現場に遭遇し……。書き下ろし長編時代小説第三十七弾。

居眠り磐音江戸双紙 公式サイト

nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。